行列のできる『MENU』の創り方

アクセスカウンタ

zoom RSS 食材の新しい部位を紹介する。

<<   作成日時 : 2017/05/18 15:45   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像みすじ・イチボ・シャトーブリアン……。牛肉の中でも希少な部位として、高級食材と言われています。

しかし、元々は肩・モモ・ヒレでしかなかった部位の、よい美味しいと言われる一部を切り取っただけのもの。

量が少ないため、付加価値がつき、
高値で取り引きされるようになったのです。

美味しいことに間違いはないのですが、
“希少部位”というラベルがついたことで、
さらに美味しく感じるものなのです。

これは、牛肉業界によって練られた、巧みな戦略です。

他の食材でも、この手法は有効です。

食材それぞれに、美味しい部位は存在します。

業界では常識的なことでも、
敢えて消費者には伝えていないことも多々あります。

たとえば、まぐろの尾っぽの輪切り部分。

これが安くて美味しいことは、
まぐろ通ならよく知っていることです。

魚全般では、胸びれのつけ根や目の下の筋肉。

野菜では、白菜の芯やブロッコリーの茎。

こうした美味しい部位を使った料理で、
珍しさ・目新しさをアピールしてください。

お客さまは、常に新しさを求めています。

新しい部位に名前をつけて、紹介してみましょう。



人気ブログランキングに参加しています。
1クリックをお願いいたします。

ビジネスブログ100選





月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
食材の新しい部位を紹介する。 行列のできる『MENU』の創り方/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる